各俱楽部・研究会活動の紹介

各俱楽部・研究会活動の紹介です。

稲作倶楽部

◎おいしいお米プロジェクト
 産学官連携事業の一環として、大手化粧品会社との共同生産として、田植えや稲刈りを行いました。
 YouTubeもご覧ください。
【2017 おいしいお米プロジェクト 田植え編】 
【2015 おいしいお米プロジェクト 収穫編 Short ver】
【2015 おいしいお米プロジェクト 収穫編 Long ver】
【2015 おいしいお米プロジェクト 07 19途中経過、特別栽培米について】
【2015 おいしいお米プロジェクト 田植え編 Short ver】
【2015 おいしいお米プロジェクト 田植え編 Long ver】
【2014 おいしいお米プロジェクト 田植え・稲刈り体験編】

◎米菓の商品開発
 阿見町産米を使用した米菓を、町外の米菓会社へ加工委託し、商品開発をする取り組み。
 今年度は、県の産地改革チャレンジ事業を活用し、新たにコシヒカリとミルキークイーンを使用した醤油味と塩味の2種類を製造し、平成29年3月より販売を開始しました。

あみ蕎麦俱楽部

 阿見町産常陸秋そばの産地化と振興の取り組み。
 平成28年度は26.5ha(町全体では33.1ha)にまで面積を拡大。また、地元にある井関農機の協力を得てそばの収量増加と品質向上を図りました。今後も、生産面積の拡大を図るとともにブランド化を目指します。

阿見町農産加工研究会

 女性農業者を中心として、地域資源を活用した農産加工品の開発・製造・販売を行う取り組み。
 平成28年4月に設立し普及センター指導のもと、農産加工に関する衛生管理や表示等の勉強会を4回実施しました。また、9月からは、役場の昼休みに加工品の販売会を毎月実施しており、その他、港区バスハイクでの漬物講座を受入れ(7月)、農・大好きフェアでのブース出展(10月)にも積極的に参加しました。

落花生俱楽部

 阿見町の特産品の一つである落花生の加工品を開発し、販売促進を図る取り組み。
 落花生の食べ方として、「煎る」だけではなく別の方法がないかと、町外の菓子業者への委託し試作品の開発をしています。

その他の活動

阿見農産研究会

 阿見農産研究会は、阿見町農産物の知名度アップと販売促進を図るため、認定農業者・農業後継者等の有志により、インショップを設置し、販売する取り組み。
 今年度は、トウモロコシ・ブロッコリー等の旬野菜を中心に積極的な販売に取り組みました。

君原とうもろこし研究会

 君原とうもろこし研究会(会員5名)は、トウモロコシの規格や出荷時期を統一し、最新品種導入により消費者ニーズに対応する取り組み。
 7月の「あみ採れたて野菜市」において、事前注文として約150本、同販売において約170本を販売しました。東京農業大学との連携事業の一環として、7月に東京外苑前のレストハウスで300本を試験販売しました。

あみ採れたて野菜市生産組合

 あみ採れたて野菜市生産組合(組合員23名)は、東京都港区において野菜の直売「あみ採れたて野菜市」を開催する取り組み。
 7月3日、12月10日に、東京都港区地区公民館「神明いきいきプラザ」において直売会を開催しました。
 また、7月には、芝商店会主催の「芝夏まつり」に、10月には、「みなと区民まつり」に出店しました。

トップへもどる

会員募集中

一緒に農業やろうぜ!!
メンバー募集中!!
気軽にご連絡ください

お問い合わせ
阿見町認定農業者連絡協議会 事務局(阿見町農業振興課)
  • TEL:029-888-1111(内線183)
  • FAX:029-887-9560
  • Eメール:nogyoshinkoka-ofc [at] town.ami.lg [dot] jp