あみ農大地 土と人がつくったあみ新鮮野菜 わがみちあみから 会員募集中

トップへもどる

阿見町認定農業者連絡協議会とは?

阿見町認定農業者連絡協議会とは

阿見町認定農業者連絡協議会とは、阿見町長が認定した農業経営者だけで構成された農業のプロフェッショナル組織で、農業を通じて阿見町の活性化を目指し活動しています。

あみ農大地とは

『あみ農大地』とは、認定農業者が取り組むプロジェクトです。阿見町認定農業者連絡協議会で農産品を訴求することで独自性をアピールし差別化を図っていきます。

目標は、阿見町産地直送野菜の購買力を高めることです。

  • ◇アグリジネスをブランディング
    • ○イメージアップ戦略でブランドイメージを確立
      • ・ブランドのネーミング「あみ農大地・あみの土から」
      • ・販促イメージの統一
    • ○デザインツールで他産地の産直販売との差別化
      • ・PRツールでの販促活動
      • ・ブランドイメージでのパッケージング
    • ○Webとの連動で若年層へのアプローチ
      • ・QRコードでの農産物紹介

認定農業者たちのこだわり

食の安全性の意識の高まりにより、「この野菜は、どのように栽培されているのか」と考える消費者が増えてきています。

私たちが理想としているものは、消費者に直接どんな人がどんな考えで野菜を作っているのかを知っていただき、「この人が作っている野菜なら安心」と思ってもらえるような生産者になることです。

同じ野菜でも、土づくり、農法、作っている人によって栄養価も変わります。こだわりを持って栽培された野菜は、何より美味しく、野菜本来の味を知ることができます。

私たちは、「顔が見える農業」をモットーに野菜を生産していきます。

  1. ① 生産者の顔が見える=安心安全
  2. ② 新鮮でおいしい野菜を産地直送
  3. お互いの顔が見えるからこそ、生まれる信頼で品質の高い野菜を提供できると考えます。

『あみ農大地』プロジェクトとは

『あみ農大地』プロジェクトとは、認定農業者が栽培する野菜が町の地域特性や地域資源を踏まえた地域全体及び生産物・特産物にかかわるブランド戦略のことです。

トップへもどる

取り組み

阿見町認定農業者連絡協議会の取り組みを紹介します。

  • 1 総会・役員会
  • 2 研修会等
  • 3 認定だより
  • 1.総会・役員会
    • 阿見町認定農業者連絡協議会 総会
    • 人農地プラン作成についての意見交換会
    • 新規就農者・担い手の掘り起こし活動など
  • 2.研修会等
    • 茨城農業改革推進大会
    • 稲敷地域アグリビジネスフェア
    • 認定農業者合同勉強会、視察研修
    • 認定農業者のPR活動
    • 認定農業者躍進大会
    • 茨城県認定農業者協議会役員会
    • 近隣認定農業者組織との意見交換会
    • 若手農業者組織との意見交換会(サンクラブ等)
  • 3.認定だより

トップへもどる

会員になるには?

あなたも「認定農業者」となって、
協議会のメンバーといっしょの活動してみませんか。

認定基準

農業経営改善計画の認定基準は,次の各号に掲げるすべての要件を満たすものであるものとする。

  • (1)農業経営改善計画が基本構想に照らして適切なこと。
  • (2)農業経営改善計画の達成される見込みが確実なこと。
  • (3)農業経営改善計画が農用地の効率的かつ総合的な利用を図るために適切であること。
  • (4)阿見町農業再生協議会で認めた者。

認定の申請

農業経営改善計画の認定を受けることができる者は,次の各号に掲げるものとする。

  • (1)地域農業の担い手として,農業に対する意欲と技術を有し,先進的な農業経営をめざしている者。
  • (2)農業経営改善計画を作成して認定を受けることを希望する者。
  • (3)農業従事日数は,150日以上である者。
  • (4)農業経営が生計の重要部分を占めている者。
  • (5)地域農業の担い手として信頼されている者。

認定の手順

農業経営改善計画の作成

農業者自らが経営規模の拡大、生産方式・経営管理の合理化等に関する5年後の目標とその達成のための取組み内容を記載した計画を作成します。

市町村へ申請

市町村が認定

【認定基準】

  • ・市町村基本構想に適合しているか
  • ・農用地の効率的・総合的な利用に配慮しているか

認定農業者

  • ○年齢・性別

    認定に当たっての年齢制限はなく、家族経営協定等を結び、経営に参加している女性農業者などの方も認定対象です。

  • ○専業兼業の別

    非農家や第二種兼業農家であってもこれから農業を主として頑張っていく者であれば認定の対象です。

  • ○経営の大小

    経営規模や所得の小さい農家でも、一定の収入を得られる農業経営を目指す場合は、認定の対象です。

  • ○営農類型

    水稲、麦、蕎麦等の土地利用型農業はもちろん、農地を持たない畜産経営や施設園芸なども対象です。

  • ○法人経営

    農業経営を営む法人であれば、農業生産法人でなくても認定対象。

    集落営農についても、法人化すれば認定の対象。

  • ※認定期間は、5年間です。

    期間が満了した時点で、目標が達成できているかを確認、5年間の取組み状況を踏まえ、新たな5年間に向けた計画を策定し、再認定できます。

トップへもどる

収穫カレンダー

茨城県阿見町で取り扱っている農産物の収穫カレンダーです。
表記されている以外にもその時だけの取り扱いなどもございますのでお気軽にお問い合わせください。

トップへもどる

会員募集中

一緒に農業やろうぜ!!
メンバー募集中!!
気軽にご連絡ください

お問い合わせ
阿見町認定農業者連絡協議会 事務局(阿見町農業振興課)
  • TEL:029-888-1111(内線183)
  • FAX:029-887-9560
  • Eメール:nogyoshinkoka-ofc [at] town.ami.lg [dot] jp